アスリート紹介 小塩悠菜選手

小塩悠菜

Yuna Ojio

2008年7月5日生まれ。現在14歳。岐阜県出身。

その独自のグリップにより、ペンホルダー表とカットマンの技術を使い分け、さらにフォアハンドではドライブとミート打ちを織り交ぜる、世界的に見ても唯一無二のプレースタイルが特長。

類まれな身体能力と反射神経を持ち、小学生時代には、卓球と二足の草鞋で取り組んでいたボクシングでも、日本一のタイトルを手にするほど。

2016年に小学2年以下のバンビの部で全日本選手権優勝を飾ると、2019年では東アジアホープス・女子シングルス3位と国際大会でも活躍。

現在は、JOCエリートアカデミーに所属し、Tリーグには、トップおとめピンポンズ名古屋から参戦。まだ中学生ながら、トップ選手としてのハイレベルな戦いに身を投じ、さらなる成長に注目を集めている。

プロフィール
生年月日2008年7月5日(14歳)
出身地岐阜県岐阜市
身長153cm
最高世界ランキング(総合)179位
最高世界ランキング(U-15)2位
戦型右シェーク表裏攻守型

ファンクラブ

小塩悠菜選手 関連ニュース
ヒストリー
小塩悠菜選手 お問合せフォーム
小塩悠菜選手への取材・各種ご依頼・お問合せ等はこちらのフォームからお申込みくださいませ。